スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【おススメ記事】

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【第3回将棋電王戦第2局・棋譜】やねうら王が佐藤紳哉六段に勝利でソフト2連勝、佐藤六段「相手が強いからではなく、自分が弱いから負けてしまった」

0: :2014/03/22(土) ID:




5人のプロ将棋棋士がコンピュータ将棋ソフトと団体戦で戦う「第3回将棋電王戦」の第2局・佐藤紳哉六段 対 やねうら王の対局が22日、東京・両国国技館で行われた。


第2局は、22日20時26分、「将棋電王トーナメント」4位の将棋ソフト・やねうら王が佐藤六段に勝利し、全5局のうちソフト側が2勝目をあげた。手数は95手で、消費時間は佐藤六段が5時間0分、やねうら王が3時間27分。

第2局については、将棋ソフト・やねうら王が「ある局面でフリーズしてしまう」など動作が不安定だったため、対局前に主催のドワンゴが特例としてソフトを入れ替えを認め、新バージョンで第2局を行うことを発表。しかし、入れ替えによって将棋ソフトの棋力が向上した可能性が高いことが判明し、問題視する声が多く上がった。これを受けドワンゴは、19日にこの決定を修正・撤回し、修正前のバージョンで対局を行うことを発表していた。

終局後の会見で佐藤六段は「相手が強いからではなく、自分が弱いから負けてしまった。そこが残念です。▲6四歩(55手目)と歩を垂らされる手をうっかりしてしまった。初歩的な筋を見逃してしまいました」と肩を落とし、やねうら王の開発者・磯崎元洋氏は「勝算は五分五分だと考えていました。やねうら王は△6三香(70手目)に▲3一角成と成れると考えていたようですが、その局面に来て急に評価値が互角になり別の手を指したので、何か見落としがあったようです。以降は80手ぐらいまでほぼ互角の局面が続きました」と振り返った。

以下、全文はソースで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140322-00000034-mycomj-ent

電王戦
http://ex.nicovideo.jp/denou/


参考棋譜

開始日時:2014/03/22 10:00
終了日時:2014/03/22 20:26
棋戦:第3回電王戦第2局
持ち時間:各5時間(チェスクロック方式)
消費時間:▲3時間27分△5時間00分
場所:東京都墨田区「両国国技館」
先手:やねうら王
後手:佐藤紳哉六段

▲1六歩 △3四歩 ▲7六歩 △8四歩 ▲1五歩 △8五歩 ▲7七角 △4二玉 ▲6八銀 △5二金右
▲6六歩 △6二銀 ▲6七銀 △3二玉 ▲6八飛 △5四歩 ▲4八玉 △3三角 ▲3八銀 △2二玉
▲3九玉 △1二香 ▲5八金左 △1一玉 ▲3六歩 △2二銀 ▲2八玉 △7四歩 ▲5六銀 △4四歩
▲3七桂 △4三金 ▲4六歩 △5三銀 ▲6五歩 △3一金 ▲4七金 △8六歩 ▲同 角 △7五歩
▲2五桂 △5一角 ▲7五歩 △2四歩 ▲1三桂成 △同 銀 ▲7四歩 △2二銀 ▲1四歩 △2五歩
▲6四歩 △同 歩 ▲6五歩 △同 歩 ▲6四歩 △8三飛 ▲7三歩成 △同 飛 ▲6五飛 △7八飛成
▲6三歩成 △1八歩 ▲5三と △1九歩成 ▲4三と △1六桂 ▲3七玉 △6四歩 ▲同 角 △6三香
▲2五飛 △6四香 ▲4八金引 △6七香成 ▲3二金 △2四歩 ▲6五飛 △7三角 ▲6四歩 △4五歩
▲同 飛 △8四角 ▲7五歩 △同 角 ▲同 飛 △同 龍 ▲3一金 △同 銀 ▲4四角 △2二金
▲1三歩成 △同 香 ▲2三金 △1二歩 ▲3二銀
まで95手で先手の勝ち

棋譜を見るには──
柿木の将棋ソフトウェア


 



【関連記事】
『第3回将棋電王戦』 佐藤紳哉六段 vs 将棋ソフト『やねうら王』で場外バトル やねうら王「バグあるんで直します」→佐藤六段「おいおい、強くなってるよ」
【将棋・棋譜】『第3回将棋電王戦・第1局』 菅井竜也5段 vs 習甦(しゅうそ) ガチンコ対局
【将棋電王戦】プロ棋士 vs コンピュータでロボットアームが登場するぞ──デンソーが提供



笑わない男
 「やねうら王は最初バグがあるということで、修正バージョンで挑むはずだったんだよな」

妹モヨ子
 「そうそう、で、修正バージョンが強くなってるってことで、佐藤六段が「おいおいおい、強くなってますよ」と異議を唱えた。そして、問題視する声が大きくなって、結局修正前のバージョンで対局でしょ」

笑わない男
 「個人的には、両者最強の状態で戦ってほしかったかな。つーか、修正前バージョンですらこの強さなのだから、修正バージョンは、半端ないんだろうね」

妹モヨ子
 「佐藤六段が悔やんだ局面なんだけど、55手目」

笑わない男
 「初歩的な筋らしいね。コンピューターはおそらくこういったのは、逃さない」


佐藤六段がうっかりしていた手(55手目)」



wikipediaより──佐藤六段はこんな感じのユーモアのある人

「より強く、よりカッコよく」がモットーで、若い頃はアイドルタレントのような容姿であった。

四段になった当初から「歌って踊れるアイドル棋士」「将棋界の香取慎吾」を自称し、さかんにマスコミに売り込みをかけていた。

若くして前頭部が大きく禿げ上がった後も、カツラを装着すると往時の印象を垣間見ることができる。

民放のバラエティー番組にも好意的で、2010年のシルシルミシル・2012年6月15日放送のガチガセ・同年7月15日放送のアカン警察などに出演し、
後述のカツラネタでは「ガチガセ」に、又、対戦インタビュー時の不可解なキャラネタでは「ある将棋棋士がキャラクターを作ろうとして頑張りすぎている事件」として「アカン警察」に取り上げられた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%B4%B3%E5%93%89




(将棋) 佐藤紳哉のヅラインタビュー


【将棋】佐藤紳哉六段 ゴールデンタイム進出


佐藤紳哉六段「豊島?強いよね」 第3回将棋電王戦出場棋士発表会見にて


佐藤六段、ズラを外して受けを狙う



笑わない男
 「ゴールデンタイム進出wwwwwwww」

妹モヨ子
 「こういうのは宣伝になるよねww」



















【おススメ記事】

2014/03/23 11:00 | 将棋COMMENT(0)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

    コメントの投稿

    名前

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    2014/03/24 | ケノーベル エージェント |

    ケノーベルからリンクのご案内(2014/03/24 08:49)

    墨田区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。