スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【おススメ記事】

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

20年後に仕事がなくなる? 『技術革新で仕事の5割が消滅』

1: :2014/04/17(木)21:47:56 ID:
あらゆる仕事のおよそ半分は、20年以内に、コンピューターによって自動化される可能性がある。そして、これからやって来る津波のようなこの社会的変化に対して「備えができている政府はどこにもない」と、「エコノミスト」誌が巻頭コラムで論じている。

エコノミスト誌は、オックスフォード大学マーチンスクールが2013年に行った研究(PDF)を引用して、今後20年間ですべての仕事の47%が自動化される可能性があると推測している。

同誌は、早いうちに人間の地位を奪うものの例として、自律走行車、機能が進化した家庭製品、速度も効率も向上したオンライン通信、そして、「ビッグデータ」分析などの新しい技術を挙げている。

また、新興企業が数十億ドルの資金を調達する一方で、わずかな人数しか雇用していない点も指摘している。例えば、写真共有サイト「Instagram」は2012年に10億ドルでFacebookに買収されたが、その時点で雇っていた社員の数はわずか30名だった。

同誌によれば、イノベーション(またの名を「進歩の万能薬」)は常に雇用の喪失をもたらしてきたが、これまでは最終的には、経済発展が失業者のための新しい役割を作り出し、埋め合わせをするのが常だったという。例えば、19世紀の産業革命や、20世紀の食糧生産革命だ。

だが、今回の変化の速さは前例のないものに見えると、この記事は述べている。その結果、次の「失われた世代」がどこで仕事を見つければいいのかについて、不確実性が非常に大きくなっているという。その状況は、先進国でも発展途上国でも同じだ。

「技術競争が進む中で、未熟練労働者たちは、コンピューター化の影響を受けにくい仕事、すなわち創造的な仕事や、社会的知性が必要とされる仕事に従事しなおすことになるというのが、この研究の意味するところだ」
エコノミスト誌はさらに、現在でも失職水準は驚くほど高いが、「技術が労働市場にもたらす混乱の波はまだ始まったばかりだ」と指摘している。

〈以下略〉

全文はソースで
http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/19/rise-of-the-machines-economist_n_4629643.html



【関連記事】
ホリエモン「勤勉な奴は技術なんか生み出さない。怠けようとするモチベから技術は生まれるの。わかってねーな」←反論できる?
『Cybathlon』(サイバスロン)が2016年に開催 ロボット技術などを用いて障害者スポーツ選手たちが競う
押井守 「二足歩行の巨大ロボットなんて、それぐらい使えないものなんだ」「ロボットって無人であるべきなのに。人が乗ったら意味ないだろ」
ロボットコンテスト世界1位の日本のベンチャー企業『シャフト』 Googleに買収 日本企業は興味を示すも、スルーした結果
【ロボット】パナソニックが『パワードスーツ』量産 キ・キタ━━(゚д゚;)))━━!!
米NASA、ヒューマノイドロボ『ヴァルキリー』を開発 膨らんだ胸、モチーフは女性 火星に送る計画
ガンダムの時代は来るのか──自動的に殺傷するロボット禁止の動き
米軍、5年以内にロボットが活躍する時代が来るかもしれない「技術的にはもう実現できる水準に達している」
【画像あり】人造人間できたお 9800万円ほど掛かったお
【動画】軍事用四つ足ロボットのニュータイプが登場 これは怖い
「ロボットは東大に入れるか」プロジェクト進行中──『人工知能』の先行き、未来



元スレ:http://www.uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397738876/


3: :2014/04/17(木)21:50:48 ID:
恐らく単純作業はロボットがやる時代になるだろうね・・・・・・・
だから移民とかは必要なくなる
そして技術系なんかが生き残ると思う
4: :2014/04/17(木)21:55:26 ID:
人件費で製造業が新興国に工場を作る理由もなくなる
先進技術を多く抱える国ほど有利になる時代が来る
アメリカはロボット産業で食っていくと国を上げて取り組んでるが、日本は未だにアベノミクスだ金融緩和だと時代遅れな金融政策に邁進中
産業スパイ対策もせず、将来性のある技術も企業もどんどん韓国やアメリカに買われている
その代表的な例が東エレの売却
日本の将来は暗い・・・
5: :2014/04/17(木)21:58:03 ID:
ITの進展でホワイトカラーの仕事もかなり消滅するのは以前から言われていた事だよな?
日本列島の地理学的適正人口は6~7千万人
巨視的に捉えれば、本当は今後『人余り』が発生すると言われている
経済学者が誰一人指摘しようとしないのが不思議でしょうがない
19: :2014/04/17(木)23:44:35 ID:
>>5
それはお前が無知なだけ.
経済成長は技術革新による「人余り」のおかげっていうのはソロー以来の経済学者が散々言ってる
6: :2014/04/17(木)21:58:30 ID:
>>1
つーかこれ、未熟練労働者って「創造的な仕事や、社会的知性が必要とされる仕事」に就けないから、
バイト仕事で喰い繋いでるんじゃないのか?

だいたい、その手の仕事の定員って今でもそんなに多くはないのだろうし。
7: :2014/04/17(木)22:00:18 ID:
そら無駄な工数に割いていた人員分余るわな
これからの時代は、機械化できない方面への人員投下よ
だから移民なんて要らんから、それらの賃金を上げられるように国が保証せにゃならん
9: :2014/04/17(木)22:16:39 ID:
昔から(IT化以前から)産業用の機械が新しくなるたびにそれだからな

驚くような話ではない
12: :2014/04/17(木)22:42:04 ID:
物を運ぶ、そんな単純作業に高給が支払われるだけだよ。
パソコンが人に対して運べと指示しても当の人間がストライキ起こされたらどうしようもない。
17: :2014/04/17(木)23:21:30 ID:
例えば、一次産業が機械ですべて賄えるようになったとして
全人類が食料について困らなくなったとする。
そして、その食料を自動的に全人類に配給できるインフラが整備されたとする。
極論、この時点ですべての人間は働かなくてもとりあえず食っていけるわけだ。
燃料やメンテなど、様々な仕事は他にもあろうがとりあえず置いておく。

で、こんな世界になるまでの過渡期に生きる人たちって
働かなければ食っていけないけど、働き口がほとんどないって事になるわけだ。
これが記事の20年後だとしたら恐ろしい話だ…。俺は間違いなく飢え死にする
18: :2014/04/17(木)23:32:29 ID:
>>17
人間は便利な物が大好きだからね。悲観しても必ずやってくるよ。

2020年代初頭に自動車の自動運転を実用化、国土交通省が検討会
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK27023_X20C12A6000000/

進化する3Dプリンターで、建物をつくる時代に!
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/it/column/20110630/548346/
21: :2014/04/17(木)23:48:52 ID:
移民の本当の狙いはTPPでアメリカ人労働者を大量輸入する事だろ
単純労働もだけど弁護士とか医者とか
企業も大量に入って来るだろうし
22: :2014/04/17(木)23:56:20 ID:
せっかく機械のおかげで生産性上がってるんだから
人間はもう世界全体で週休3日にすることをルール化しようぜ
23: :2014/04/17(木)23:59:54 ID:
技術が進化すればするほど生きづらくなるチキンレースだな。
生きてる以上は続けるがガキの代に引き継ぐ気にはなれない。
それ以前にチキンレースを生き抜くのに必死だから無駄なATM負債は抱える余裕ない。
26: :2014/04/18(金)01:55:52 ID:
コンピュータの指示に従う仕事がほとんどになる
人間疎外の時代だけど共産主義は出てこないなw


【おススメ記事】

2014/04/18 17:00 | 国内ニュースCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

    コメントの投稿

    名前

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。