スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【おススメ記事】

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

日本のSFに厳しい現実 海外でウケても本が売れない?

1: :2014/05/30(金)22:21:00 ID:
 日本のSF界が変革を迫られている。近年、海外での評価は高いのに、国内では
本が売れない。半世紀の歴史を誇る作家らの団体「日本SF作家クラブ」では
読者不在の内紛も起きた。現実世界では自分たちの近未来をどう描くのか。

 ■「クラブ」内紛、退会者が続出

 「事件」は4月末、小松左京や半村良らが1963年に設立した同クラブの総会で起きた。
クラブ主催の「日本SF大賞」特別賞を贈ったばかりの編集者、大森望さん(53)の
入会が認められなかったのだ。

 大森さんは、京極夏彦さんや宮部みゆきさんら現代作家50人以上が原稿を寄せた
SF作品集「NOVA」全10巻の責任編集を務め、翻訳の仕事での受賞歴もある
SF界の貢献者だ。
 会員は約250人。投票者の3分の2の賛成で入会が認められるが、結果は
僅差(きんさ)での否決。大森さんとの人間関係などから反対した人もいたようだ。

 表彰しながら仲間には入れないという結論に、10人ほどが退会を表明。
ツイッターでも批判が相次いだ。

 「あの排他的体質に加担したくなければ、唯一の論理的な解は作家クラブに
入らない/辞めるだと思います」(東浩紀さん)

 「SF界のためよりサークルの雰囲気が優先されている」(我孫子武丸さん)

 >>2に続く

2: :2014/05/30(金)22:21:13 ID:
■ブーム下火で出版社離れる

 退会騒ぎに揺れるSF界だが、その足元も揺らいでいる。「日本SF大賞」を
30年以上支援してきた徳間書店が今年、スポンサーから降りた。
200万円の賞金を出し運営も支えていた。同社の担当者は「文芸としてのSFに
ブームを取り戻せなかった。文化事業として継続できず、忸怩(じくじ)たる思い」
と説明する。

 クラブの創設当初は「SFの浸透」を掲げていたが、70年代に入ると小松左京や
星新一らの作品がブームに。SFが浸透するにつれて、「親睦団体」の側面が強まった。
賞の運営は徳間書店に任せきりだった。やがてブームは下火になり、国内では
80年代後半にSF誌の休刊が相次いだ。

 ただ近年は、日本作品の翻訳も増えて、海外で評価が高まっている。
円城塔さんが米国のSF文学賞の特別賞を受賞し、桜坂洋さんの小説がハリウッドで
映画化された。だが日本ではSF的要素のあるアニメなどに関心が拡散。
出版不況もあり、苦境が続く。

 出版コーディネーターの星敬さんは「名作も絶版になるなど、SFは他ジャンルより
恵まれない。海外からの評価も高い新しい才能を生かし、みんなで広めていく
必要がある」と話す。

 ■シンポを開催、自立の道探る

 作家たちも自立の道を探り始めた。クラブ設立50周年を迎えた昨年は、
会員主導でシンポジウムを開き、記念の短編集を出版した。

 続く

http://digital.asahi.com/articles/DA3S11146611.html



【関連記事】
【漫画】日本で受ける漫画がアメリカでは苦戦 主な四つの漫画とは
自国では売れなかったものが日本では売れる そんな『Big in Japan』という現象を海外紙が報じる



4: :2014/05/30(金)22:31:26 ID:
良いSFファンタジーを作り出せ。
5: :2014/05/30(金)22:31:30 ID:
呼び水に流行の絵柄の挿絵師連れてくればええ
8: :2014/05/30(金)22:47:47 ID:
>>5
ラノベか
9: :2014/05/30(金)22:49:51 ID:
>>8
ただ、絵に釣られた新規読者がそのまま買い続けてくれるかは
(小説の)作家の技量次第だけどぬ。
7: :2014/05/30(金)22:45:20 ID:
ソードアート・オンラインはSFって騒いでいる人間がたくさんいるし、
売れてるから、SF業界は大丈夫だねwww
10: :2014/05/30(金)22:52:17 ID:
敵は海賊とか流行りの絵で再販すればいいのに
天野絵好きだけど最近の若者には受けないんじゃね
11: :2014/05/30(金)22:52:39 ID:
SF小説よりも、科学啓蒙書の方が面白かったりする

まあ、現実を知った人間にとっては
スペースオペラが荒唐無稽になっちゃったからなあ
14: :2014/05/30(金)22:54:07 ID:
>>11
アイザック・アシモフもそういう本書いていたよね。
早川だかで見た気がする。読んでないけど。
13: :2014/05/30(金)22:53:21 ID:
スペースオペラはSFじゃねえよ
15: :2014/05/30(金)22:54:22 ID:
>>13
そう?
SF最盛期では、裾野を広げるのに寄与してたけどね
17: :2014/05/30(金)22:56:01 ID:
スペースオペラといえば銀英伝がまたアニメ化するから、
少しSF人気出るんじゃね?
18: :2014/05/30(金)22:56:22 ID:
昔のSFファンだが、今の作家は小粒なファンタジー作家だから、
今なら絶対、スタップ細胞のSFを書かなきゃいけないのに、
知識も無ければ取材力も無い。人気なんか出るわきゃ無い。
21: :2014/05/30(金)23:39:52 ID:
>>18
そうそう、パワーが足りないよな
28: :2014/05/31(土)02:24:07 ID:
>>18
今の時代、じっくり取材してたりしたら干されるからね

読書の方も小難しい理系向けのSFなんかより
気楽に読めるVIPみたいなバカな小説を求めてる

星を継ぐ者読んでみようと思ったけど、説明ばっかで眠くてしょうがなかった。
理系の人からしたら垂涎のことが書かれていたのだろうけどね

おいらをバカと言うのは構わんけども
バカにも理解できることが世の中で一番広まるんだよ
39: :2014/05/31(土)03:25:23 ID:
>>28
ラノベ作家だけど、ハードSFについて編集からこう言われたことあるよ。
編『ラノベの購買層はただでさえ狭い。その読者層を更に狭めたらどうなる?』
俺『売れません』
編『そう、つまりそういうことだよ(ニッコリ)』
19: :2014/05/30(金)23:01:44 ID:
ジーザスとかスナッチャーとかサイオブレードとかスタークルーザーとか映像化してみねえ?
20: :2014/05/30(金)23:34:10 ID:
Wikipediaみてきたが、野尻抱介や瀬名秀明、牧野修も退会組だったのか
てっきりこの辺が普通にいるだろうと思ってたのだが
22: :2014/05/30(金)23:52:28 ID:
スペースオペラがSFかはモノ次第と思うが、情弱なので面白いスペースオペラが分からない
せいぜい銀英とシーフォー○くらい

初期の田中芳○とティプトリーくらいしか面白いSF知らない…
SFってそもそも何だっけ?的に、現実の科学ネタの方がよっぽどびっくりしてしまうんだが
26: :2014/05/31(土)01:49:22 ID:
日本のSFが売れないのは早川書房の売り方が悪いに尽きる。
電撃文庫やカドカワを見習うべき。
ドワンゴ&カドカワ連合の傘下に入った方がいいんじゃないか?
ちょうどライトノベルの内容が飽きられてきてる今、ハードSFのストーリーは良い刺激になると思う。
27: :2014/05/31(土)02:12:32 ID:
>>26
頼むから馬鹿も休み休みいえよw

ラノベの読者にハードSFがうけるわけねーだろw
ドワンゴみくそとかがなんで出てくるんだよw

あと、ラノベは基本、書籍じゃないと思うんだよね、あれって。
著者の意図がどうあれ、あれはアニメのサブメディアみたいなものであって、小説とか書籍とかとして扱うべきもんじゃないと思う。
35: :2014/05/31(土)03:10:50 ID:
>>27
フィクションの塊に過ぎないSFごときの屑物語をそのような崇高なものと捉えてるは驚きだな。
ちょっと小難しく書いてるだけでライトノベルと何も変わらん。
つまり、通ぶって小難しく書くから売れないんだよ。

そうだな。
まずハヤカワライト文庫を創設。
比較的ライトノベルに近い設定のSFをライトノベル風に再翻訳して、
ライトノベルのイラストレーターのイラストいっぱい挿入して販売する。
SF小説の入り口を作るんだ。

早川書房の売り方は30年前と何も変わってない。
時代遅れどころか化石だ。
売る努力を何もしてないのに、売れないなんて嘆くのはナンセンス極まりない。
何も思いつかないのなら、いっそドワンゴ&カドカワ連合の知恵を借りたらどうだってこと。
29: :2014/05/31(土)02:25:09 ID:
星を継ぐ者、ホーガンだね
あれはあれで面白い
ただキャラ立ちはしていない、という批評は当時からある
30: :2014/05/31(土)02:28:22 ID:
>>29
あれはあれで面白い、っておま、SFではオールタイムベストの常連だよw
最高の1作にあげるやつだって少なくない。

つか、星を継ぐものが面白くない、っていうんだとすると、やっぱりSFには向かないんだろう、と思うよw
31: :2014/05/31(土)02:43:48 ID:
>>30
ベストなんだけどさ、キャラ立ちしてねえとか
当時から言われてたんよ
あれの面白さは、途中から似非科学に変わる瞬間
色々楽しみ方はあるんよ
38: :2014/05/31(土)03:17:27 ID:
>>1
そもそも理系と文系を兼ね備えなきゃならない上に
一人で文字だけで表現するのは正直キツいだろ…
46: :2014/05/31(土)03:58:40 ID:
>>38
あとね、
理系と文系を兼ね備えなきゃならない、っていうのは、実は別にそんなに高いハードルじゃないと思うよ。
ってのは、理系ってのはですね、文系ができないから、理系なんではなくて、理系ができるから、理系なんで。
大抵の理系って文系の学問も大抵の文系よかできるよ。
まあ、地理とか、あと歴史に関しては年代暗記とかが苦手、って傾向はあるようだが。
けれども、特に文章力とかは理系の方がまずあるな、って思う。
実際、理系の学問を学ぶためには読解力ってすごく必要になるわけだから。
48: :2014/05/31(土)04:01:16 ID:
>>46
まあ文章理解できないと何も始まらない訳だしねえw
理系って
41: :2014/05/31(土)03:35:04 ID:
そもそも、日本のSFが売れない、どうしたらいいだろう?というところに、
だから、日本のSFをラノベにしろ、って言ったんじゃ、そりゃ日本のSFを殺しちゃうのと
何もかわらんでしょーがw
43: :2014/05/31(土)03:39:28 ID:
>>41
最早民族的に画と音が無いとSF的なイメージは共有されないだろうと思う
44: :2014/05/31(土)03:45:40 ID:
>>43
言いたいことはわかるけどね。
そういう面があることも、ある程度新規読者を開拓していくための必要性とかは認めるけれど、
それが全て、ということになると、文芸というか小説というメディアそのものが存在意義を失ってしまう。

だってさ、例えばロマンスとか、どんなヒロインも現状名前が売れてるような女優のいずれかの顔に変換されなく
ちゃなんないの?
それって萎えないか?w

あと、SF的なイメージが掛けるイラストレータ?絵描き?なんと呼ぶべきか知らんけど、そういう人って育ってんのかな?
あと、食えんのかな?とかも思ってしまう。
加藤直之以降、個人的には許せるというか任せて大丈夫って感じの人っていないような気が
42: :2014/05/31(土)03:38:43 ID:
SFが難しくなったのは現実の科学が複雑になったからだと思うわ
レトロフューチャーのように解りやすい技術と成果が見えなくなってるんだね
人間ってのは文明に適応して文化を作り出す
例えばインターネットが流行れば、そこにネチケットだとかネット文化が生まれる
未来の技術が複雑になれば、それに対応して文化も複雑化していく
新たな文明に触れる人間を想像することがSFの本義なんじゃないかと思う
それが複雑であれば、複雑なまま表現するしかないんだよな
49: :2014/05/31(土)04:07:21 ID:
まあ、SFってくくりはミステリとかと違って、背景とかバックグランド的要素にかけられる縛りなので、
結局のところ、最終的には他の文学に吸収され浸透していく形で消えていくもんなんじゃないのかな。
で、30年くらい前とは違って今は科学知識の啓蒙とかもかなり進んで、別にSFの読者というわけでも
なくても、普通にある程度のSF的要素を許容消化できるようになってきてしまってる、と。
であれば、ジャンル自体は衰退していくのは仕方がないことなんかな、とも……

いや、しかし、俺たちがSFといったとき、それはそれだけではないんだ!という思いも少なからずあったり
もするんだけど、じゃあ、それってどういうもんだ?なんなんだ?という疑問を昔から考え続けてるけど、
未だ答えを見つけられんw

よく「センスオブワンダー」という言葉で表現されるけどもな
50: :2014/05/31(土)04:19:12 ID:
SFって難しいところだよな…
解りにくいと説明だらけだし
解り易いと凡作扱いだしな
51: :2014/05/31(土)05:50:42 ID:
Science Fictionてくらいだから、現実の科学をベースに虚構で延長したお話であってほしいな
現実の科学ってところは制約としても大きいけど、そこで頭をひねって新しい考え方、概念を提供できれば素晴らしい

まあ、今の日本ではたいていはファンタジーに行ってしまうんだろうな
52: :2014/05/31(土)06:29:33 ID:
>>1
硬派なつもりでラノベとか漫画とかアニメとか馬鹿にして
表現の幅狭めて自爆しただけじゃないの?
53: :2014/05/31(土)06:32:14 ID:
リングはSFなの?ホラーなの?
55: :2014/05/31(土)06:41:37 ID:
>>53
リングの時点ではどうだろうな
らせんは微妙にSFで、ループはもう完全にSFだったけど
70: :2014/05/31(土)08:15:42 ID:
おしえてください

ロボット三原則はアシモフが一人で勝手に思いついて
提唱して、リアル世界の常識になっちゃったの?
101: :2014/05/31(土)16:19:44 ID:
>>70
アシモフが一人で勝手に思いついて、ということはない。
JWキャンベルというSF界では大変有名な編集者がいて、実際にはその人との共作みたいなもん、
みたいなことをアシモフ自身語っているし、
3原則のような形で明示されていたわけではないが、そういうロボットの行動原理みたいなのは他の作品でも見られていた。
それをうまくまとめた、という方が近い。
104: :2014/05/31(土)16:59:12 ID:
>>101
DBにおけるマシリトみたいなもんだな。
71: :2014/05/31(土)08:19:02 ID:
ロボット三原則はアシモフのロボットシリーズだけど「世界の常識」になんかなってないだろ?
鉄腕アトムは影響下にある作品だけど。
77: :2014/05/31(土)09:43:41 ID:
SFファンはコアなんだな
100: :2014/05/31(土)15:53:36 ID:
>>77
コアであることが良しである狭量な懐古厨ってイメージ。
業界が厳しいのはそういう懐古厨に合わせて意地張ってるからだと思う
78: :2014/05/31(土)09:48:07 ID:
いろんなジャンルの小説を読むが、SF以外はどんな名作でも予想の範囲を超えたことは一度も無い。
SFは、人類、知性、意識、認識とかのレベルの物語で視点が全く異なるものがあり、その感動は計り知れない。
79: :2014/05/31(土)10:02:26 ID:
>>78
それが所謂センス・オブ・ワンダーなんだけど日本のSFってそこが弱い傾向があるんだよな。
なんか絶賛されてたんで読んでみた「上弦の月を食べる獅子」とかセンス・オブ・ワンダー皆無。
81: :2014/05/31(土)10:35:37 ID:
>>79
日本のSFは賞を取ったりするのはイマイチな印象だね。

でも翻訳のみを読んで、海外モノの方が優れてると考えるのは間違い。
何故なら、海外のは面白いモノのみが翻訳されるわけだから質の高いものばかり目にすることになる。
84: :2014/05/31(土)10:39:22 ID:
>>81
そうそう。
映画も同じ構図があって、質の高いハリウッド映画だけがアメリカ映画だという誤解がある。
日本で公開される映画は厳選されてるんだけどな。
83: :2014/05/31(土)10:36:28 ID:
SFってまだこんな前時代的なギルドが存在していたんだ。
いまSFやファンタジーってほとんどラノベに吸収されてるでしょ。
「正統」かくあるべきって見方もあるだろうけど、それがSFの面白さを読者に
伝える目的ではなく自分たちを権威づけるためにしかなってないなら
そりゃ読者も離れるだとうて。
87: :2014/05/31(土)13:59:08 ID:
>>83
ラノベがバカにされる風潮っておかしいと思うんだよ。
難しけりゃ偉いわけじゃないじゃん?
ハルヒとかフルメタル・パニックによってSFファンが増える状況があるのに古参のSFマニアがそれをバカにするって、もう衰退以外に無いよな?
88: :2014/05/31(土)14:25:06 ID:
>>87
正直、あまりおかしいとは思わないなあ。
SFとラノベの違いって何かっていうと、読者に求められる内容が全然違うんね。

そもそも、SFとラノベすみわけが実際になされてんのに、お前はわざわざ
SFの板行って、ラノベの話持ち出すの?
そりゃ、お前がTPOをわきまえてないだけだろ。

ハルヒとかフルメタルパニックでSFに興味を持つ、というのなら、それはそれでよいだろう。
が、だから、ハルヒやフルメタルパニックをSFとして、SF板に持ち込む、というのなら、
そりゃまあ、歓迎はされんわなw
86: :2014/05/31(土)13:04:55 ID:
ゲーム・アニメ・映画等の本を書く人がもっと正当に評価されれば
裾野が広がる気がするんだけどねえ…
90: :2014/05/31(土)14:28:28 ID:
一昔前の話だが、ネット上でSFマニアが大絶賛してる小説って、ハードSF好きか理系ぐらいしか楽しめないようなのばっかでさ。
しかも一般人でも楽しめるようなSFはバカにしまくってて。そりゃ衰退するわ、って思ってた。
ミステリーとか時代小説マニアとかはそうでもないのに、SFマニアだけ特殊すぎ。
91: :2014/05/31(土)14:45:37 ID:
>>90
まあ、SFのジャンル的アイデンティティって、前にも書いた通り曖昧なものがあるので、
SFファンを自認してるような人になるほど、ハードSF系がより上位に位置付けられる傾向は非常に強い。

が、別に一般人でも楽しめるようなSFはバカにしまくって、なんてことは別にないと思うがな。
アシモフとかハインラインなんてまさに一般人でも楽しめるようなSFだけれど、だからといって、
アシモフやハインラインやそれを好む人達がバカにされるなんて話は聞いたことがないし、
SFの三巨匠としていまでも最高の敬意払われてるよ?w
105: :2014/05/31(土)17:15:17 ID:
ラノベを読んでる人も貴重な出版活字の購読層、巧く育てればSFの世界にも引っ張ってこれるハズ。
ラノベ書きでも、本当は本格SFとかを志向してた人もいるだろうから、若手を巧く育ててなんとかならんかな。

ゲームとかケータイに時間とられるから、無理か。
106: :2014/05/31(土)17:18:31 ID:
>>105
まあ普通そう考えるよねえ…
116: :2014/05/31(土)18:45:48 ID:
>>105
SFからラノベや仮想戦記に移った作家も多いし、そっちで力を発揮すれば良いだけの事なんだよな。
ラノベの間口の広さを考えるとSFやるのは充分に可能だと思えるし、俺には見せ方の違いでやり放題に思える。
そこでファンを掴める面白いのができれば良いんだよね。
107: :2014/05/31(土)17:21:07 ID:
30台前半まではSFしか読まなかったが今は上質なSF?に巡り合わないので
自然と足が遠のいた。
ちょっと残念な気がする。
111: :2014/05/31(土)17:37:56 ID:
「SFが読みたい」を毎年買っているがSFは読まない
実はあの本のDVD目録がマジで参考になる
112: :2014/05/31(土)17:44:37 ID:
まあ根も葉も無い所からニョッキリ花が咲く訳もないのにねえw
現状が見捨てられてるからこのスレが立った訳だからw
113: :2014/05/31(土)18:11:02 ID:
クリフォード・シマックの名作SF「都市」みたいに長すぎず短編で連作みたいのだったら
寝転びながらさらっと読めるからいけるかなとも思うけど。w
122: :2014/05/31(土)19:45:22 ID:
日本におけるSFの権威たる、星雲賞の受賞作品を見てみた。

まどか☆マギカ 陰陽師 人魚の森 カードキャプターさくら、星界の紋章、

大昔、高千穂遥が「ガンダムはSFに成り損ねた」みたいな事を言ってたんで、
素人が知らないような作品が選ばれるのかと思ってましたが、普通にヒット作品ばかりですね
そのガンダム関連は21世紀になってから顔を出すようになりました。良かった良かった
初音ミクも自由賞もらってますが、歌声合成プログラムに対してではなく、ボカロキャラに対するモノ。
二次創作物内での扱われ方が、女の子の姿をした歌うロボットという形が多いからでしょうかね?

自分が思ってたほどSFの間口は狭くないようですw
というか、いくら現実が厳しいとはいえ、広げすぎではw
元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1401456060/


【おススメ記事】

2014/06/01 14:39 | 国内ニュースCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

    コメントの投稿

    名前

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。