スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【おススメ記事】

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

昔のモノクロ写真に着色してカラーにしてみたら武士とかかっこえぇぇぇwwwwwwwwwww

1: :2014/07/25(金) 18:58:55.41 ID:


今では写真といえば、カラーが当たり前。しかもカメラではなく、スマホやケータイでの撮影が主流になっている。

あえて、モノクロで撮影するという人もいるかもしれないのだが、その昔は白黒写真が普通であった。

そんなモノクロ写真の着色をしたら、どうなるのか?


それを実践するサービスが存在した。

「Photo Chopshop」は古いモノクロ作品に着色し、歴史を甦らせることを試みている。

数ある作品のなかでも特に興味深いのは、1860~1900年の間に撮影された日本の風景。

弓道に励む3人の男性を撮影したものだ。

モノクロ写真に色を加えることで、生き生きとした人物の表情をうかがうことができる。



・もっとも古いもののひとつ


Photo Chopshopは画像加工ソフト「PhotoShop」を利用して、さまざまなモノクロ写真のカラー化を行っている。

Facebookに投稿された作品のなかで、もっとも古いもののひとつが、この弓道風景である。



・息遣いが聞こえてきそう


髷(まげ)を結った3人の男性が、弓をつがえて的を射んとしている姿である。

正確な撮影時期や場所は不明、また誰が撮影したものなのかもわからない。

元になったモノクロ写真と比較すると、白黒では感じられなかった人物の息遣いが聞こえてきそうである。

またその場所を支配していたであろう、張りつめた緊張感さえうかがえる。



・時間の隔たりが短縮されたよう


モノクロ写真を見ると遠い過去のように感じられるのだが、着色することによって、その長い時間の隔たりが短縮されたように感じられるから不思議だ。

このほかにも、興味深い画像がFacebookに公開されているので、ぜひともチェックしてみて欲しい。


ソース/ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2014/07/25/469233/

Photo Chopshop
https://www.facebook.com/photochopshop/photos_stream

画像




3: :2014/07/25(金) 19:00:04.42 ID:
昔これ映画でやって問題というか議論になったよな。
172: :2014/07/25(金) 20:41:24.71 ID:
>>3
> 昔これ映画でやって問題というか議論になったよな。

映画の場合、「白黒で撮影(上映)した際に綺麗に見える配色の衣装やセット」を作っていたから。
だからコンピューターの解析で、本物の色を再現してしまうと、ありえない色遣いの衣装やセットがそのまま再現してしまうので問題になる。

オードリー・ヘップバーン主演の「昼下がりの情事」っていう白黒映画があって、その映画の撮影風景を撮ったカラー写真を見た事があるが、
オードリーの着ていた衣装の色の組み合わせは、どんなセンスがない人でも選ばないような組み合わせだった。でもそれを白黒で撮影すると、上品な服に見えるんだよね。

風景写真や街を歩く人の写真はカラー化しても問題ないが、映画でやると猛反発が起きるのはそれが原因。
177: :2014/07/25(金) 20:44:13.61 ID:
>>172
>オードリーの着ていた衣装の色の組み合わせは、どんなセンスがない人でも選ばないような組み合わせだった。でもそれを白黒で撮影すると、上品な服に見えるんだよね。



これのこと?

オードリヘップバーンもカラーだと全然印象が変わるな
キツい顔になってあんまり美人じゃなくなる
11: :2014/07/25(金) 19:02:19.21 ID:
プラモデルに見えるw
12: :2014/07/25(金) 19:02:21.87 ID:
昔は世界が白黒だったんだけどね
14: :2014/07/25(金) 19:02:34.95 ID:
この色の復元は正しいのか?
理屈がわからん
38: :2014/07/25(金) 19:14:23.12 ID:
>>14
特に根拠がある着彩では無い。
昔、白黒に着彩して絵葉書を作っていた頃は、現物の色を知っているからイイけど、現代に着彩したものは、単なる妄想。
ただ色には固有の反射率があるから、推察はできるが。
39: :2014/07/25(金) 19:14:31.74 ID:
>>14
正しいはずだよ、モノクロでも色によって濃淡の違いがあるから
それで色を判断できる
写真屋に行くとやってくれるぞ、1~2万円かかるけどね
昔の結婚写真とか、家族写真を色付けする人は多いらしい
19: :2014/07/25(金) 19:05:41.98 ID:
幕末から明治初期の風景画像に色をつけたのいっぱいあるよな
街道沿いの風景画俺は好き
みんな何分動かずに固まってたのかな?
27: :2014/07/25(金) 19:11:06.03 ID:
やっぱあの時代の日本人は小さいなw
食い物なんだろうね、でかくなる要因って。
48: :2014/07/25(金) 19:17:18.28 ID:
>>27
平和な時代が続いたからそうなっただけ
戦国時代ならチビは淘汰された
良い世の中だったんだよ
33: :2014/07/25(金) 19:11:57.72 ID:
西郷隆盛と沖田総司の写真、はよ
54: :2014/07/25(金) 19:18:55.56 ID:
体つきはヒョロヒョロだが、覚悟とか気構えが違うから、戦っても現代人は負けるだろう
250: :2014/07/25(金) 21:53:17.38 ID:
>>54
強そうな人達を集めてみた

フェリーチェ・ベアトというイギリス人カメラマンが、
1866年の幕末の日本で撮影


割と有名な写真


渋沢平九郎


右の強うそう人は若い時の伊藤博文




253: :2014/07/25(金) 21:57:15.26 ID:
>>250
これかっこいいな
255: :2014/07/25(金) 22:00:28.91 ID:
>>253
これも
260: :2014/07/25(金) 22:05:48.79 ID:
>>250
いいなあ
むかしの人は 男前・べっぴんさん だったなぁ


今は イケメン・かわいい になっちゃったなぁ
66: :2014/07/25(金) 19:22:46.15 ID:
>>1
さすが命の懸かった筋肉の鍛え方
72: :2014/07/25(金) 19:24:54.74 ID:
この時代の下級武士って百姓より貧乏だったんだっけ
84: :2014/07/25(金) 19:28:52.47 ID:
パンフォーカスじゃないんだな。
この頃からちゃんとした絞りが出来たことに驚き。
というかシャッター速度が知りたい
87: :2014/07/25(金) 19:29:50.68 ID:
どうでもいいが弓矢やってる奴が高下駄はいてる時点でよく分からん
しかもヤサオトコだわw
どこかのボンボンだろw
写真撮った外人ももの珍しくてなんでもいいから撮った可能性がある
88: :2014/07/25(金) 19:30:25.38 ID:





おまけ(洋)
92: :2014/07/25(金) 19:32:03.38 ID:
タイムスクープハンターの映像は、マジで忠実に作ってるんだと改めて驚いた
100: :2014/07/25(金) 19:36:09.30 ID:
>>1
今あるものをモノクロで撮ってどのくらい再現されるかも見本に欲しい
104: :2014/07/25(金) 19:37:53.13 ID:
>>100
きっとハンバーグラーと分離する前なんだな
107: :2014/07/25(金) 19:41:31.64 ID:
日本の少女は昔も可愛かった
115: :2014/07/25(金) 19:48:03.12 ID:
日本の19世紀の写真はけっこういっぱい残っていて、それを見ると、なぜか感動する。
写真の発明がもっと早くなされていればさらに古い風景が見られたのだろうと残念に思う。
134: :2014/07/25(金) 20:01:44.16 ID:
昔の写真も修整するのが当たり前だったんだよな、それ言ったら
「昔の人にそんな技術があったと思えない」
とか言っている人がいて笑った
138: :2014/07/25(金) 20:04:27.16 ID:
>>134
英国王のスピーチ見たら、LPに録音する時代でも録音編集したり動画の加工してるもんな
というか同時期のナチスがそういうのやりまくってるかw
昔から職人が居たんだな
139: :2014/07/25(金) 20:05:24.40 ID:
>>134
植田正治なんかはよく修正したらしいな
背景消したり足したり
油でフィルムをこすったりとか
135: :2014/07/25(金) 20:03:09.31 ID:
そうそう、綺麗な衣装の時代劇じゃなくてこの写真のようなリアルな時代劇が見たいんだよ!
140: :2014/07/25(金) 20:05:41.01 ID:
>>135
黒澤映画でよくね?
145: :2014/07/25(金) 20:08:19.32 ID:
着色じゃなくてカラーで日本を写したものって少ないんでしょ
外国には沢山あるのにな
155: :2014/07/25(金) 20:24:16.94 ID:
>>1
 古ぼけたカラーフィルムを参考に色をつけたみたいだけど
  それは色落ちでくすんで見える訳で現実にくすんだ色だった訳じゃない
昭和初期の日本

色落ちしてる

 実際の江戸時代は色鮮やかだった
  特に染色と織物技術は高水準で江戸は華やかだった




 江戸を描いたアメリカ人絵師 ロバート・フレデリック画

最近の暗い江戸のイメージは映画で古臭さを演出し過ぎた結果で
地方の貧しい農村をそのまま江戸まで持って来てしまった感じ
 
161: :2014/07/25(金) 20:35:39.77 ID:
>>155
おお~すげえ~華やかなもんだなあ。
こういう当時の風景を写し取った絵画が今後も発掘されてほしいものだ。
170: :2014/07/25(金) 20:39:50.08 ID:
>>155
江戸の着倒れ大坂の食い倒れってくらいだからな、江戸っ子はおしゃれだよ。
母方のばあちゃんが江戸っ子で、家は小さくて貧乏臭かったがなぜか着物は結構持ってたな。
191: :2014/07/25(金) 20:58:04.07 ID:
>>155
これは絵。フィクション。

江戸時代の人がお洒落だったのは確かだろうけど
実際の染料が高ければ染める事は出来ないし、生地だって化学繊維なしの全部手織りだよ
簡単に手に入るものではない
そこを忘れたらおかしくなる
工業化される前の時代に布や染料が貴重だったのは日本だけの話じゃないし。

染料って高いんだよ?
203: :2014/07/25(金) 21:16:06.09 ID:
>>191
 
ロバートフレデリックブルーム(1857~1903)
1890年から日本に2年半滞在
油絵 水彩 素描 パステル画を描く
http://en.wikipedia.org/wiki/Robert_Frederick_Blum

現存する江戸時代の着物



 画家が空想で描いた想像図じゃないよ
 
214: :2014/07/25(金) 21:20:44.69 ID:
>>203
>1890年から日本に2年半滞在

1868年が明治元年だから明治時代だね
まあ服装はあまり変わってないだろうけど
160: :2014/07/25(金) 20:34:29.00 ID:
100年前の日本のおんなにょこ...やっぱ可愛い...
162: :2014/07/25(金) 20:36:38.22 ID:
弓がでかいというのか長いというのか、結構すごいな
164: :2014/07/25(金) 20:37:59.62 ID:
白黒のほうがいいな
カラーだとたいしたことなくても白黒だとイケメン&美女に見える
171: :2014/07/25(金) 20:40:32.62 ID:
写真により武士の体格の貧相さがどんどんバレていく
197: :2014/07/25(金) 21:06:13.10 ID:
>>1
ここに映ってる人はもう全員死んじゃったんだろうなと思うと
ちょっと真面目に見ちゃうね
208: :2014/07/25(金) 21:18:43.81 ID:
>>1
貧弱な筋肉の付き方なのに、よく弓が弾けるよな
背筋が重要なんかな?
210: :2014/07/25(金) 21:19:42.66 ID:
弓引いてる写真だけど、この時代って写真撮るのに何分不動でいないといけないんだっけ
228: :2014/07/25(金) 21:28:33.28 ID:
>>210
10分くらい
写真用の道具の弓とかあったんだよ
225: :2014/07/25(金) 21:26:29.63 ID:
>>1

おい。

なんでこんなに肌の色が黒いんじゃ。
230: :2014/07/25(金) 21:30:16.26 ID:
>>225
銀板写真は薬品の経年変化で白い部分が黒っぽくなる
当時の写真はみんなこうなってる
226: :2014/07/25(金) 21:27:33.90 ID:
第2次大戦の頃の日本軍の映像はほとんど白黒だが 戦闘機の写真に着色したものは本当かっこいい 現代によみがえるふう
日本機は現存してる機体が非常に少ないからなおさら
229: :2014/07/25(金) 21:29:22.02 ID:
昔の色つき映画はフィルムに色を塗っていた
234: :2014/07/25(金) 21:32:59.67 ID:
>>229
写真も彩色写真ってあるよ
まあ>>1の御先祖様みたいなもんだ。
海外からの異人へのいいお土産みたいなもんだ。
大抵はスタジオ撮影とかの、彼らの喜ぶ日本、だけどねw
245: :2014/07/25(金) 21:48:32.19 ID:
カラーをモノクロにしたら摩訶不思議、ブサメンがイケメンに
の確率の方が高くね?
259: :2014/07/25(金) 22:05:02.68 ID:
白黒のままでいいです・・・
267: :2014/07/25(金) 22:10:34.79 ID:


日本人にも色々いるぞ
269: :2014/07/25(金) 22:11:29.49 ID:
昔の日本人ガリガリやね
背も今より10cm以上低かっただろうし貧相としか
275: :2014/07/25(金) 22:21:38.89 ID:
>>269
日本人が今のような体型になったのは戦後の食生活と生活スタイルの浸透からですね
旧来の日本人の体型。WWII中まではこれが標準的。


松本零士の漫画に出て来る日本人っぽい
270: :2014/07/25(金) 22:11:31.40 ID:
本物の武士の写真は殆どないはず。
有っても幕末の混乱期に改革派の武士の一部が藩主の肖像画に対抗心を
燃やして技師を呼んで盛んに撮影した時期のものが大半だ。
普通の武士が武術風景を撮影させることなど有り得ないこと。
写真には禁制を犯すという緊張感もないし撮影の為のポーズすらとっている。
時代背景や一般の武士の道義からも有り得ないことだ。
明治期にモデルを仕立てて撮影したものだろうから、これを武士の真の姿などと
信じない方がいい。
273: :2014/07/25(金) 22:17:59.41 ID:
>>270
戦中の人間だって、現代のネトウヨが理想化しているような洗脳され切った状況だったわけではなく、
『大東亜戦争』の勝算とか愛国心のあり方とかについて、戦後の普通の日本人とさほど変わらない、
この板では即左翼呼ばわりされるような考え方をしていた。

武士の精神だって実際はどんなものだったか……。
286: :2014/07/25(金) 22:38:39.63 ID:
>>273
いちいち民潭造語使わねえとモノ言えねえのかキメェ
280: :2014/07/25(金) 22:30:00.20 ID:
 
写真に撮られると魂を吸われると思われたくらいだし
幕末に集合写真を撮っていたような漢は相当先進的な考えを持っていたろう

モデルさん 

?resize=403%2C600



本物
290: :2014/07/25(金) 22:46:58.77 ID:
縄文時代に写真があったら意外と普通~の生活してそう
手先も器用だったみたいだからお洒落もしてそう
323: :2014/07/25(金) 23:36:20.78 ID:
>>290
知能とかは俺らと全く一緒なわけだから、普通にオシャレだったハズだよな。
291: :2014/07/25(金) 22:49:03.35 ID:
モルツのCMとかで、一部分だけカラーになってるやつとかは、一コマ一コマ着色してるの?
299: :2014/07/25(金) 23:06:05.76 ID:
>>291
パソコンで動画取り込んでの着色だろうから
一回塗れば全部に自動的に適用されると思った
294: :2014/07/25(金) 23:00:51.48 ID:
徳川家康は157cm、豊臣秀吉は140cm、徳川綱吉は124cm、
背が高いと言われてた織田信長でも165cmだったって知ってますか?
多くの日本人がマスメディアが作り上げた「情報操作」によって本当の歴史は、誰も知らない。
あと最近は、坂本竜馬が有名だが彼の話も司馬遼太郎によって「美談化」された
虚像がマスメディアを通して「定説化」していますね。

戦国時代の騎馬戦にしても、映画なんかで観ると、現代の馬に現代の俳優が乗って
演じてるから、ものすごく迫力がある。
でも、実際の戦国時代の騎馬戦は、マザー牧場で子供たちを乗せてるみたいな
ポニーに、身長155cmくらいの人たちが乗って、それで戦ってたんだよね。
これは、当時の戦場跡から発掘された馬の骨からも証明されてるけど、
当時のニッポンには、ニポッン在来馬しかいなかったから、
あたしたちが「馬」って聞いて想像する現代のサラブレッドとかよりも、
ずっとちっちゃかった。
サラブレッドの場合は、肩までの高さが160~170cmくらいあるんだけど、
当時の馬は、肩までの高さが140~150cmで、全体的な大きさとしては、
今の馬よりも2まわりくらいちっちゃい感じだった。
297: :2014/07/25(金) 23:04:40.91 ID:
>>294
前田利家は身長六尺(約182cm)じゃないっけ?
まあ、男性の平均身長が157cm程度だったらしいけど。

江戸時代の人たちは今の人たちを比べて腰が据わってる。
確かそういうことを書いた本があったんだけど…
300: :2014/07/25(金) 23:07:19.68 ID:
昔どっかで飛脚の写真を見たが、太ももとかヤバかったな
蹴られたらそれだけで内臓破裂しちまいそうだった
316: :2014/07/25(金) 23:23:38.62 ID:
>>300
そりゃ当時の飛脚といえばデコボコの山道を毎日100kmとか移動する連中だからな
明治の頃に日本のマラソンのオリンピック代表が元飛脚のじいさんと勝負して負けた話しがある
元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1406282335/


【おススメ記事】

2014/07/26 11:08 | 歴史COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

    コメントの投稿

    名前

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。