スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【おススメ記事】

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

『沖田総司はヒラメ顔』  真相・真実を知ってがっかりした日本史の逸話・エピソードランキング

1: :2013/12/19(木) 20:49:59.67 ID:
★真相・真実を知ってがっかりした日本史の逸話・エピソード1位「沖田総司は美形ではなかった」

日本の歴史上の逸話やエピソードは、教科書や小説、ドラマなどで語られていますね。しかし、それらの中には
「どうやら真相は違うらしい」というものも少なくありません。真相は美談でもなければ、感動的でもない場合が多々あります。
そんな、真相を知ってがっかりした日本史の逸話・エピソードについて、読者665名に聞いてみました。

Q.真相・真実を知ってがっかりした日本史の逸話・エピソードを教えてください(複数回答)
1位 沖田総司はヒラメ顔で決して美形ではなかった 28.0%
2位 上野の西郷隆盛像は本人がモデルではない 24.1%
3位 板垣退助は「板垣死すとも自由は死せず」と言っていない 14.6%
4位 上杉謙信は武田信玄に塩など送っていない 12.9%
5位 福沢諭吉「学問のすゝめ」の「天は人の上に…」で始まる冒頭は平等主義を訴えたものではない 11.9%

■番外編:「赤穂浪士の吉良邸討ち入りの夜、雪なんか降っていなかった」に衝撃

●総評
1位は「沖田総司はヒラメ顔で決して美形ではなかった」でした。ドラマや映画ではイケメンが演じ、漫画やアニメでは
かなり美形に描かれていますよね。ところが実際は、浅黒い肌のヒラメ顔だったという説が。ただし、現存する肖像画も、
決して「これが実像」と裏付ける証拠はないとか。
美形ではなかったかもしれませんが、浅黒いヒラメ顔であったという確証もないという点が、せめてもの救い!?

2位は「上野の西郷隆盛像は本人がモデルではない」という真相。公開された銅像を見て、彼の妻が「こげんなお人
じゃなかった」という感想を洩らしたとも言われています。西郷は写真嫌い、もしくは暗殺などの身の危険を避ける
理由から、顔写真が出回らないようにしていたそうです。
>>2
へ続く


http://woman.mynavi.jp/article/131219-42/

2: :2013/12/19(木) 20:50:06.89 ID:
>>1
より
3位は「板垣退助は『板垣死すとも自由は死せず』と言っていない」。本人の回顧録では、「驚きのあまり声も出なかった」
と記されているそう。これについては、「実際にこれを言ったのは、現場に居合わせた自由党幹部の内藤魯一」、
「病院で療養中の板垣が、見舞いの客にこれと似たような趣旨を語った」など諸説あるようです。

4位には「上杉謙信は武田信玄に塩など送っていない」がランクイン。海のない甲斐では塩は輸入資源。そこで敵対する北条氏や
今川氏は、甲斐への塩の輸出を止めるという戦略上の措置を取りました。しかし、越後は依然変わらず甲斐との塩の売買を継続。
つまり、「贈った」のではなく「売っていた」のであり、単に以前から行われていた貿易だったといわれています。

5位は福沢諭吉「学問のすゝめ」について。生まれや血筋に関係なく、誰もが裕福で位の高い身分になれるチャンスはあると
いう意味では、平等を謳っているとも解釈できるのですが、少なくとも「お金の有無」や「身分の高低」で人や人生の価値が
決まるものではないとは言っていないようです。

年末の風物詩「忠臣蔵(赤穂浪士)」での、雪降る中での討ち入りのシーンはあまりにも有名。しかし、どうやら史実としては
討ち入り当日の12月14日、江戸は晴天だったとのこと。ただ、前日の13日は大雪で、14日も雪が積もっており、その銀世界の
情景から、いつしか雪が降っているというシチュエーションが加えられたのでしょう。(抜粋)



【関連記事】
秀吉死亡後、どうすれば豊臣家は滅亡せずに済んだの?
【歴史】江戸時代の日本が列強に侵略されなかった理由とは
【歴史】インドネシアに息づく日本人救世主伝説…「空から黄色い人が降ってきて、白い人を追い出してくれた」



3: :2013/12/19(木) 20:51:23.93 ID:
エジソンの99%の努力発言も正反対の意味に捻じ曲げられたっけ
8: :2013/12/19(木) 20:52:36.43 ID:
徳川吉宗は暴れてない
9: :2013/12/19(木) 20:52:44.65 ID:
土方は男前
22: :2013/12/19(木) 20:55:14.69 ID:
>>9
写真何枚も思いっきり残ってるもんな。

聖徳太子は架空の人物・・・今は聖徳太子教えないんだっけ?
42: :2013/12/19(木) 20:58:11.45 ID:
>>22
厩戸皇子は実在だが、聖徳太子の業績と言われることを実際に行ったかは確かではないってことになってるはず
行われたのは行われただろうけど、一人で全てを行ったかはわからんということに
10: :2013/12/19(木) 20:52:46.48 ID:
こんなに美男子なのに
129: :2013/12/19(木) 21:12:24.37 ID:
>>10
これは当時の絵師が下手過ぎなだけ
11: :2013/12/19(木) 20:52:50.21 ID:
義経もな。

マスゴミのウソ販売戦略。
12: :2013/12/19(木) 20:52:55.41 ID:
> 「上杉謙信は武田信玄に塩など送っていない」

塩が無くて困ってたんだから。甲斐に売ったとしても美談だろう。
26: :2013/12/19(木) 20:55:59.68 ID:
>>12
今川と北条が武田を経済封鎖して
弱らせようとしていた
上杉は今川と北条に同調せずに
商人を止めなかった
おかげで越後屋は大もうけ、お主も悪よのおというオチ
295: :2013/12/19(木) 21:34:05.47 ID:
>>26
越後屋って呉服屋じゃなかったけか?
48: :2013/12/19(木) 20:59:32.73 ID:
>>12
高く吹っかけて暴利をむさぼっていたのではないか?
66: :2013/12/19(木) 21:02:48.80 ID:
>>48
普通敵国に塩売っちゃまずいやろ?
だが商人の生活を考えて
「you売っちゃいなよ!」
って出来ちゃうのが謙信さんのすごいところなわけで
13: :2013/12/19(木) 20:53:11.29 ID:
小野妹子は男だった
15: :2013/12/19(木) 20:53:48.69 ID:
>>1
源義経も
美形の俳優が演じるけど
実際は出っ歯のチビで美形とは、ほど遠いって聞いたな
17: :2013/12/19(木) 20:54:29.46 ID:
天草四朗の顔を想像しようとすると三輪明広が邪魔をする…orz
20: :2013/12/19(木) 20:55:04.13 ID:
沖田は和月が悪い
589: :2013/12/19(木) 22:03:40.63 ID:
>>20
和月の罪は斉藤だろ。




>>144
石仮面かぶったのは、五稜郭に行く前か?w
24: :2013/12/19(木) 20:55:42.38 ID:
騎馬隊は馬に乗って戦闘しない
高速な移動手段に使ってただけで戦うときは下馬
36: :2013/12/19(木) 20:57:08.28 ID:
個人的には裏切った当時の明智光秀が信長より年上のジジイだったことの方がショックだった。
43: :2013/12/19(木) 20:58:09.82 ID:
甲冑身につけて真剣振り回してた武将や侍が
手足がほっそりしててアゴが尖った優男なわけ無いだろ
みんな筋肉でムッチリしててケツアゴだよ
494: :2013/12/19(木) 21:54:13.44 ID:
>>43
日本の話じゃないが西遊記の三蔵法師がじつはガタイのいい人で
長旅する以上体力無きゃやってられないんだからそれが当然だみたいな説明されて物凄く納得した覚えが

…まあ元ネタはドラえもんだが
568: :2013/12/19(木) 22:01:53.52 ID:
>>494
ドラえもんだっけ?
TPぼんじゃない?
53: :2013/12/19(木) 21:00:39.33 ID:
一休さんがヤリチンな上に両刀使いだったこと。
54: :2013/12/19(木) 21:00:46.81 ID:
別に美形の基準なんて時代によって変わるんだから、かまへんのとちゃうのん?

今の萌えキャラだって、200年も経ったら、今、江戸時代の春画を見るようなものと同じになるっしょ?
98: :2013/12/19(木) 21:07:00.75 ID:
>>54
年代毎に流行りの絵柄でまとめた一覧を思い出した
55: :2013/12/19(木) 21:01:03.52 ID:
リンカーンの奴隷解放宣言は選挙に負けそうだったからどさくさ紛れに言っただけ
リンカーンの「人民の人民により~」には奴隷は含まれていない
61: :2013/12/19(木) 21:02:06.84 ID:
福沢のソレはやっぱり平等主義じゃね?
72: :2013/12/19(木) 21:03:24.50 ID:
南光坊天海の招待は明智光秀
85: :2013/12/19(木) 21:05:16.15 ID:
奈良の大仏の髪の毛の色は青かった。

これマジでキモくてガッカリした。
94: :2013/12/19(木) 21:06:29.21 ID:
美形キャラ詐欺といえば麻原彰晃
99: :2013/12/19(木) 21:07:08.96 ID:
そもそも沖田総司は美形、とするルーツって何時からなんだ?

俺的にはマカロニほうれん荘かパタリロあたりだと踏んでいる。
114: :2013/12/19(木) 21:09:39.19 ID:
>>99
昔の映画で草苅政夫が沖田やってたからじゃね?
122: :2013/12/19(木) 21:11:07.48 ID:
>>99
司馬遼太郎さんが小説でそういう設定にしたから。
とか言ってみるテスト。
100: :2013/12/19(木) 21:07:11.04 ID:
ぉぃ!

絶頂期に若くして亡くなった人を
美化する風潮を守れ
119: :2013/12/19(木) 21:10:53.28 ID:
武蔵と小次郎の巌流島決闘が集団リンチだったこと。
125: :2013/12/19(木) 21:11:14.45 ID:
卑弥呼は実はババアだった。
126: :2013/12/19(木) 21:11:41.33 ID:
>>1
いや、やはり「沖田総司」は、ウワサ通り美形であった可能性が強い。

今、残ってる画像や話(ヒラメ顔)は、すべて本人の死後に作られたものであることは確認されている。
それによっては、総司の容貌は確認できはしない。

ハッキリしてるのは、総司と兄弟の契りを交わした近藤勇と土方歳三の写真である。(これは本人の生前に撮られたものであることは明瞭)
両人とも、今の基準からしてもナカナカの男前である。近藤は無骨ながらもキリっとしてるし、土方は優男(ヤサオトコ)で整った顔をしてる。

こういう2人が、兄弟同然として付き合った男には、マズ、ブ男は有り得ないだろう。
われわれの経験上、男同士の付き合いにおいても、やはりその容貌はカナリのウエイトを占める。

普通に、いわゆる美男である男が、ブ男と兄弟同然に付き合う可能性はマズない。
しかも、近藤も土方も総司をまるで可愛い弟のように猫かわいがりしていたくらいだからな。
128: :2013/12/19(木) 21:12:15.35 ID:
新撰組って連合赤軍みたいな感じなんでしょ?
なんで美化されて人気出てるの
135: :2013/12/19(木) 21:13:20.63 ID:
曽我氏が実はいい奴だったこと。
136: :2013/12/19(木) 21:13:26.59 ID:
西郷については写真はないけど肖像画は数年前にみつかってたよな
掛け軸に文人風に描かれてるやつ

あんまり太ってない感じだったな。
140: :2013/12/19(木) 21:13:57.52 ID:
佐々木小次郎は架空の人物
142: :2013/12/19(木) 21:14:14.80 ID:
この近藤勇の右側に写っている人物が本当の沖田総司みたいだけどね

144: :2013/12/19(木) 21:14:18.78 ID:
確かに土方は男前だな
146: :2013/12/19(木) 21:14:44.04 ID:
徳川埋蔵金が無かったことが一番がっかりした
あんなにがんばって掘ったのに
151: :2013/12/19(木) 21:15:27.83 ID:
幕末3大剣豪
 
・勝海舟
・桂小五郎
・沖田総司
 
これはガチ。
181: :2013/12/19(木) 21:19:39.90 ID:
クレオパトラも不細工だった可能性がコインから推測されるんだっけ
しかし知的で魅力的な人なことは確か まあタイプ的にはコンドリーザ
ライスみたいな人だったんだろう
210: :2013/12/19(木) 21:23:37.83 ID:
>>181
アフリカで黒人をイメージしてるみたいだけど、プトレマイオス王朝はアレクサンダーの東征の結果できた
王国だから王様とか貴族階級はギリシア人
185: :2013/12/19(木) 21:20:46.06 ID:
遠山の金さんの入れ墨は桜吹雪じゃない
206: :2013/12/19(木) 21:22:32.23 ID:
>>185
遠山の金さんが江戸時代終わり頃の人手で、死んだのはペリーが来た一年後って聞くとみんなびっくりする
時代劇の影響で水戸黄門も大岡越前もみんな同じ時代に生きてるような見方されてる
193: :2013/12/19(木) 21:21:25.34 ID:
土方の手紙で判明した土方の悩みは
「自分が女に邪魔臭いほどモテてモテて困る」という事と
「隊員が隊員同士で衆道に走って困る」という事
211: :2013/12/19(木) 21:23:41.95 ID:
>>193
実際写真残ってる上に現代の人間が見てもガチでイケメンだからな
腕はたつし金も持ってる
モテないわけがない
225: :2013/12/19(木) 21:25:53.95 ID:
>>211
荒木飛呂彦が江戸時代に行ってもモテるってことだな
199: :2013/12/19(木) 21:22:05.31 ID:
坂の上の雲の兄弟も、阿部寛やモックンみたいだったわけじゃないぞ
264: :2013/12/19(木) 21:30:21.37 ID:
>>199
そんな悪い顔でもないだろ
201: :2013/12/19(木) 21:22:07.98 ID:
織田信長が本能寺の変で本当は逃げれたのに
秀吉が抜け道の出口を塞いで殺したのはちょっとショックだった。
230: :2013/12/19(木) 21:26:13.64 ID:
>>201
見てきたの?
205: :2013/12/19(木) 21:22:21.61 ID:
昔光源氏の挿し絵がかっこいい美形で小学生心にうっとりしてたが
厨房になって日本史でパタリロみたいな現物絵を見て怒りがわいた。
208: :2013/12/19(木) 21:22:57.94 ID:
連続で百人切れる日本刀は無いかな・・
233: :2013/12/19(木) 21:26:36.33 ID:
家康や秀吉は醜男でもいいけど信長は美形じゃないと困る
イメージ的に
334: :2013/12/19(木) 21:38:06.04 ID:
>>233
信長はフィギアの信成みたいな顔じゃねーか?
573: :2013/12/19(木) 22:02:12.39 ID:
>>233
宣教師の描いた肖像あるがな
246: :2013/12/19(木) 21:27:40.32 ID:
一番残念な歴史は、日本は糞シナに対して冊封を結んだことがある
ってゆう事実だな。馬鹿ウヨは鼻息荒くするだろうが事実だからしょうがない。
250: :2013/12/19(木) 21:28:11.93 ID:
水戸黄門はあまり出歩かなかったというのは意外だった。
どっちかというと学者タイプだったんだな。
253: :2013/12/19(木) 21:28:52.98 ID:
明治から昭和にかけての文豪と呼ばれる連中が例外なくろくでなしであること

二葉亭四迷が父親に小説家になりたいっていったら「くたばってしまえ!」と罵られたのは
当時は小説家はヤクザと同じカテゴリーに分類されていたから



これ知ったとき小説好きの俺はとてつもなく凹んだよorz
358: :2013/12/19(木) 21:39:59.12 ID:
>>253
宮沢賢治と新美南吉は違う。
あの2人の精神性の高さと清廉さは、
はっきり言って神レベル。
440: :2013/12/19(木) 21:48:47.43 ID:
>>358
宮沢賢治は肉鍋と三ツ矢サイダーが好物だったらしい。
妹とし子があの時代に日本女子大で女子大生生活してることを鑑みると
言うほど貧しい家の出ではないんだろう。
496: :2013/12/19(木) 21:54:28.96 ID:
>>440
宮沢賢治の家は富豪の出
有名な雨にも負けずの詩はあくまで賢治の理想
506: :2013/12/19(木) 21:56:15.00 ID:
>>496
当時でも指折りのレコードコレクターだったらしいな
カネは有り余ってたっぽい
254: :2013/12/19(木) 21:28:55.68 ID:
実は浅野内匠頭はただの基地外で吉良が名君だった説
255: :2013/12/19(木) 21:29:02.10 ID:
そういや西洋人が写実的に描いた織田信長の肖像画を見たけど男前だったな
日本人の描いた肖像画はのっぺり顔だがあれはああいう画風だったんだな
282: :2013/12/19(木) 21:32:27.55 ID:
>>255
あの絵の正体は、明治になって描かれた想像図
257: :2013/12/19(木) 21:29:34.78 ID:
孝明天皇が薩長に暗殺されて、薩長どちらかの下級武士が明治天皇になった
だから今の天皇は孝明天皇とは血のつながりもない全くの偽物
272: :2013/12/19(木) 21:31:18.44 ID:
俺は天皇の初代から5代ぐらいまで嘘くさいって事だったなぁ
小学高学年の頃だったけど、知ったときにはエーって思ったわ
286: :2013/12/19(木) 21:32:51.34 ID:
クレオパトラは黒人だった。
楊貴妃はデブだった。
オノヨーコは小野小町の末裔だった。
374: :2013/12/19(木) 21:41:07.52 ID:
>>286
>クレオパトラは黒人だった
クレオパトラはマケドニアのアレクサンダー大王の将軍の子孫。
生粋の白人だよ。

>楊貴妃はデブ
唐代の美女はふくよかだが……グラマーとデブは違う。

唐代や日本の天平時代の天女像や絵を見れば当時の美女の基準がわかるが、
それはドラム缶体形の白ブタではない。

>オノヨーコは小野小町の末裔だった
嘘。
小野小町の伝説は諸国に残っているが、彼女の素性は明らかになっていない。
諸説あるが推測の域を出ない。
289: :2013/12/19(木) 21:33:12.03 ID:
246 :名無しさん@13周年:2013/12/19(木) 21:27:40.32 ID:71YoXBJS0
>一番残念な歴史は、日本は糞シナに対して冊封を結んだことがある
>ってゆう事実だな。馬鹿ウヨは鼻息荒くするだろうが事実だからしょうがない。

邪馬台国以前の話か?
日本は聖徳太子が隋に送った書簡で自力で冊封体制の危機を撥ねつけたから、恨万年の属国と違って、コンプレックスなんてないんだよ?
354: :2013/12/19(木) 21:39:38.79 ID:
>>289
案外明に喧嘩売った秀吉って良い仕事したのかもな
299: :2013/12/19(木) 21:34:14.48 ID:
日本の歴史上の3大イケメン
源頼朝
徳川慶喜
土方歳三

異論は認めない
365: :2013/12/19(木) 21:40:22.23 ID:
>>299
亀の前御前と浮気した頼朝っちはあたしのきらいなパタリロほっぺ。
北条側の身内のほうが美男やないか?
牛若丸だった弟は背が低くて出っ歯の残念さ。
304: :2013/12/19(木) 21:35:13.91 ID:
秀吉の指が6本あったのは本当?
338: :2013/12/19(木) 21:38:22.36 ID:
>>304
前田利家がそういうこと書いてたつう話
うろおぼえだけど
329: :2013/12/19(木) 21:37:45.44 ID:
徳川の世継ぎは甲賀と伊賀、双方の忍者の殺し合いの結果で決まった。
344: :2013/12/19(木) 21:38:37.88 ID:
徳川家康は大阪夏の陣で真田の騎兵突撃で陣没して、その後は影武者が代役勤めた説
345: :2013/12/19(木) 21:38:47.77 ID:
秀吉は猿とは呼ばれてなかった
390: :2013/12/19(木) 21:42:58.92 ID:
>>345
肖像画見るとネズミっぽい
350: :2013/12/19(木) 21:39:13.95 ID:
薩長同盟を坂本竜馬がやったわけじゃなかったことを知った時
362: :2013/12/19(木) 21:40:09.55 ID:
>>350
やってるよw
薩長同盟の裏書は坂本竜馬
393: :2013/12/19(木) 21:43:32.27 ID:
>>362
薩長同盟は薩長の思惑で成立したんだよ、坂本は薩摩の下っ端の仲介人
桂に頼まれて裏書をしたがあくまで下っ端としての行為
380: :2013/12/19(木) 21:41:35.14 ID:
宮本武蔵は剣豪として最も著名な人物であり、晩年には『五輪書』を著し、
書画まで残したとされる、いわば国民的英雄である。
だが本当に実在したのだろうか?

昔から疑問だったのは、武蔵が何で稼いで食べていたか、であった。
いったい武蔵は霞でも食って生きていたのかと思うくらい、生計の道がわからない。
所詮は後世につくられた偶像なのではないかと思ってきた。

さてごく簡単に、武蔵の略年譜を書いてみる。

1584年 播磨国(兵庫県南部)生れ(美作誕生説もある)
1600年 関ヶ原の戦に参加(東軍説と西軍説あり) 
1604年 京都に出て、吉岡一門と決闘。
(この頃60余度の決闘を行う)
巌流島の決闘は1612年説があるが確かではない
1626年 養子(伊織)をとる
(1635年に幕府より抜刀禁止令)
1638年 島原の乱鎮圧に参加
1640年  熊本の細川忠利に召し抱えられる
1643年 「五輪書」執筆開始(60歳)
1645年  没

…とこうなのだ。
1604年に京都で吉岡一門との決闘に明け暮れていたかと思うと、
明石で町割り(都市計画)や作庭を指揮している。
父親は新免無二という兵法家だったとされるが、これはウソらしい。
404: :2013/12/19(木) 21:44:56.58 ID:
>>380
武蔵よりも小次郎がヨボヨボの爺さんだったって話は
沖田と並ぶくらい歴女泣かせの事実だと思うが
394: :2013/12/19(木) 21:43:37.56 ID:
今川義元は政治・軍事に共の明るい人物だった。
409: :2013/12/19(木) 21:45:26.67 ID:
>>394
海道一の弓取りと言われてたくらいだしね。
今では公家趣味のお歯黒男にされてるけど。
617: :2013/12/19(木) 22:06:59.38 ID:
>>394
信長の野望でも再評価されまくって能力値も顔グラもレベルアップしてる


天道


天道PK


最新作
438: :2013/12/19(木) 21:48:34.63 ID:
ゲームだと、沖田はこんな感じ

447: :2013/12/19(木) 21:49:24.20 ID:
真田幸村も沖田同様草刈正男のせいでイケメンにされてしまったな
一人の俳優が二人の偉人の評価を変えてしまった
525: :2013/12/19(木) 21:57:26.62 ID:
>>447
真田幸村は美形で良いんだよ

真田信繁をモデルにした架空の人物だし問題ない
538: :2013/12/19(木) 21:59:10.83 ID:
>>525
しかしその幸村や信行も今やすっかり髪が…
569: :2013/12/19(木) 22:01:56.81 ID:
>>538
しかし、大阪城入城の時点で既に若武者でもないのに
なんであんなイメージになったんだろうな
468: :2013/12/19(木) 21:51:21.06 ID:
マジレスする

「元寇」は幕末明治初期に中国侵略をしやすくするために作った言葉
中国に対し悪いイメージを国民に植え付け正義の侵略とするために作られた言葉
今の小中学教科書では元寇ではなく「蒙古襲来」が絵巻と一緒に使われている
474: :2013/12/19(木) 21:52:28.14 ID:
天照大神は引きこもり、紫式部は腐女子、清少納言はブログ女、紀貫之はネカマ、かぐや姫はツンデレ、
聖武天皇は収集ヲタで正倉院はヲタ部屋、後白河法皇は最新流行の追っかけ、秀吉はコスプレじじぃ、
狂言は第一次お笑いブーム、鎌倉末期は新興宗教ブーム、戦国の茶道は萌え喫茶ブーム
江戸期に入るとエロパロ二次創作がこれでもかってぐらい溢れかえっている。
484: :2013/12/19(木) 21:53:06.89 ID:
水戸黄門の風車の弥七は架空の人物なのに、弥七の墓が実在する不思議。
524: :2013/12/19(木) 21:57:26.20 ID:
>>484
うっかり八兵衛はやっぱりうっかり者だったの?
489: :2013/12/19(木) 21:53:52.38 ID:
日の丸は幕軍の軍旗だった
皇軍は錦旗
502: :2013/12/19(木) 21:55:42.06 ID:
写真の坂本龍馬の横には、未来からやってきた人物が写っていた。
しかしその事実が公になると世界が混乱するため、消し去られたという。

503: :2013/12/19(木) 21:55:42.30 ID:
【大東亜戦争】韓国・中国の「日本悪玉論」は大ウソ!日本は植民地解放のヒーローだ!【ザ・ファクト#005】
552: :2013/12/19(木) 22:00:16.49 ID:
勝海舟は木村摂津守に泣きついて咸臨丸の船長になったけど、
航海中はずっと船室に閉じこもりゲロを吐いてた。
勝に代わって咸臨丸を操舵したのはアメリカ軍の海兵だった。

ところが日本に戻った勝は、咸臨丸は自分の指揮のもと、
日本人だけて太平洋を横断したとホラを吹き続けた。
555: :2013/12/19(木) 22:00:39.14 ID:
戦国時代はホモが当たり前で、若い女処女サイコーって女大好きの秀吉がマイノリティで変態あつかいだったってまじ?
579: :2013/12/19(木) 22:02:53.68 ID:
>>555
ホモってか衆道 詳しくないので突っ込まれるかもしれんが(衆道なだけに)
女は穢れなので男とまぐわうほうが確か上質な性行為って認識があった
気がする しかし秀吉さんは出自が(略 なので武士階級の思想は
わかりもはん って感じだったのかもしれん
745: :2013/12/19(木) 22:21:22.17 ID:
>>555
それはウソ

戦国時代はバイが当たり前で、女にしか興味を示さない秀吉は変人扱いされていた
が正解
590: :2013/12/19(木) 22:03:44.46 ID:
縄文人は実はいわれてるほど土人でもなかった
装飾品がたくさん見つかってるがそれは生活に余裕があったことと
戦いがなかったことを示す
弥生人(朝鮮人)が入ってきて日本は乱れた
599: :2013/12/19(木) 22:04:55.96 ID:
東条英機は太平洋に否定的だった
641: :2013/12/19(木) 22:09:00.37 ID:
>>599
東條英機は太平洋戦争に否定的だったに訂正
658: :2013/12/19(木) 22:10:45.07 ID:
>>641
そもそも引退した東條が抜擢されたのも、陸軍の強硬派を抑えるためだろ。
なんもかんも近衛が悪い。
672: :2013/12/19(木) 22:13:03.35 ID:
>>641
真珠湾奇襲は南雲のせいで中途半端に終わった。
もっと徹底的にやっとけばいいものを…。
739: :2013/12/19(木) 22:20:38.97 ID:
>>672
というかあれって敵艦隊叩け・できるだけ無傷で帰ってこいっていう命令を軍令部が出したから、
忠実に従っただけってマジなん?
751: :2013/12/19(木) 22:22:34.33 ID:
>>739
生産力を考える限り、艦を失うリスクで言うと日本側の方がヤバイのは確かだな
つか総力戦研究所は「初戦で勝ったところでどうやっても無理っス」って報告あげてる
788: :2013/12/19(木) 22:25:58.53 ID:
>>751
ついでにいうと沈めた戦艦も使える奴は引き上げて戦線復帰してるしな。アメ相手にはタンク潰した所でなにも変わらん
けど、ハルゼーとエンタープライズを沈めておいたらどうなったかは興味ある
819: :2013/12/19(木) 22:28:46.08 ID:
>>788
たった一ヶ月で正規空母を建造できるのに大した影響は無いな。
訓練された人員を失う方が遙かに痛いが、所詮は停泊中。
886: :2013/12/19(木) 22:35:35.38 ID:
以蔵は半平太とくっついたのがな。同じ人斬りでも桐野はいいとこいったのに

>>819
少なくともドーリットルはないよ。そうなるとミッドウェーもない。ほら楽しくなってきたw
600: :2013/12/19(木) 22:04:59.97 ID:
二宮金次郎は、脱税の名人であった
601: :2013/12/19(木) 22:05:03.34 ID:
西郷隆盛の写真は、想像したモンタージュだったというがっかり感。
608: :2013/12/19(木) 22:05:54.34 ID:
>>601
西郷ドンはがっかりだなあ
あの絵でよかったのに
632: :2013/12/19(木) 22:08:19.26 ID:
これじゃないん?


640: :2013/12/19(木) 22:08:59.26 ID:
武田四天王の山県昌景の身長は130cm
これインパクトがあった。怖い。
657: :2013/12/19(木) 22:10:42.98 ID:
戦国時代の馬の大きさはポニー程度
イメージする勇猛で華がある騎馬突撃なんか実際見たら全然違うと思うよ

ってテレビで見た
683: :2013/12/19(木) 22:14:38.03 ID:
>>657
戦国時代は刀で斬りあうんじゃなくて
ほとんどが撲殺だっけ。怖い。
真剣の戦闘にチャンバラみたいな型はないんだよな。
695: :2013/12/19(木) 22:16:21.36 ID:
>>683
当時、一般の戦闘員には剣術は浸透してなかったし、
そも剣術はそれほど発達してなかった。

今のように剣術が充実したのは、戦国が終わりかけた頃。
752: :2013/12/19(木) 22:22:34.53 ID:
>>695
新撰組の斉藤一によると
どうもこの真剣での斬り合いというものは、敵がこう斬りこんで来たら、
それをこう払っておいて、そのすきにこう斬りこんで行くなどという事は
出来るものではなく、夢中になって斬り合うのです wiki
らしいな。
783: :2013/12/19(木) 22:25:36.69 ID:
>>752
日本の剣術は基本、一対一を念頭に組まれてる。
乱戦になったら、ほぼ役に立たない。

日本刀の構造を見れば瞭然。
875: :2013/12/19(木) 22:34:20.55 ID:
>>783
>日本の剣術は基本、一対一を念頭に組まれてる。
>乱戦になったら、ほぼ役に立たない

つ堀部安兵衛 高田馬場……話半分としても、すごい実力

ところで、
複数の敵を相手に乱戦して勝利する剣術が、いったいどこの国にあるのかね?
あったら、教えてほしいものだwww
900: :2013/12/19(木) 22:37:02.75 ID:
>>875
インドと支那にあるんだよ。
そのための解説書と武器が現存してる。

演舞としては東南アジアに残ってるが。
よほど印象的だったんだろう、やられた側としては。
956: :2013/12/19(木) 22:42:24.19 ID:
>>900
インドはしらんけど、支那兵は弱くね?
文禄慶長の役の際の乱戦で、日本兵の刀技に(文字通り)太刀打ちできなかったろ。

そういう武器や指南書があるなら、強かったはずだが。
918: :2013/12/19(木) 22:39:12.66 ID:
>>875
足利義輝さんが二千~四千の兵に囲まれて、少なくとも二百人~四百人余を切り捨ててるよ
700: :2013/12/19(木) 22:17:12.56 ID:
>>683
刀なんか飾りですよ。
今で言えば拳銃みたいなもんで、戦場じゃろくに役に立たない。
基本的に、首切るためのもん。
726: :2013/12/19(木) 22:19:11.27 ID:
>>700
刀がっていうか、武将以外の戦闘員までそんなに品質がいいものを用意出来なかったってことだろ。
まともな刀はよく切れただろ。
771: :2013/12/19(木) 22:24:01.39 ID:
>>657
ポニーでなにが問題なのか解らん
木曽馬なんて上手に斜面を移動するし
かなり重宝したんじゃないのかな
664: :2013/12/19(木) 22:12:05.07 ID:
「武士道」の新渡戸稲造は、武士道とは真逆の生活を営んでいた。
ヨーロッパに渡って西洋人の嫁と暮らしながら
「ドテラを着て茶漬が食いたい」と言ってたんだよなあ。
671: :2013/12/19(木) 22:13:01.85 ID:
実は江戸時代に副将軍という役職が無かったって知った時はショックだった。
711: :2013/12/19(木) 22:18:10.07 ID:
>>671
あれ地味に根が深い問題で水戸藩の歪んだ思想が幕府を倒すきっかけになってるんだよなぁ
幕末といえば薩長土佐なのに、井伊直弼を暗殺したのは水戸藩の藩士ってことに違和感を覚えた人は鋭い
799: :2013/12/19(木) 22:27:16.38 ID:
>>711
毎度次期将軍は尾張徳川家か紀州徳川家から選ばれる。
水戸徳川家は徳川家でありながら何か差別されてる徳川家の味噌っかす。

すると水戸学も徳川幕藩体制を相対化するための尊王という意味があるんじゃないか。
外様雄藩のなかでも朝廷と繋がりの深かった島津家の薩摩と結んだのも偶然ではないだろう。
687: :2013/12/19(木) 22:15:03.58 ID:
大和の船底の塗装は赤、武蔵の船底は緑ってマジか?
姉妹艦で違うもんなの?
696: :2013/12/19(木) 22:16:26.23 ID:
年表の真ん中の安土桃山時代はたったの30年、なんと鎌倉幕府はたったの12年
703: :2013/12/19(木) 22:17:23.76 ID:
今の時代は江戸時代の次であり 東京時代である
716: :2013/12/19(木) 22:18:31.69 ID:
>>703
これまじ?
後世の歴史家は今を東京時代って呼ぶの?
なんかかっこ悪いなあw
707: :2013/12/19(木) 22:17:50.77 ID:
そもそも忠臣蔵とか嘘だらけだしな
なんで若い頃一度やったことある儀式の手順を忘れてるの?
713: :2013/12/19(木) 22:18:13.88 ID:
紫式部は記録に残ってる最古の腐女子
724: :2013/12/19(木) 22:19:04.10 ID:
>>713
源氏物語にホモあったっけ?
774: :2013/12/19(木) 22:24:29.16 ID:
>>724
よく覚えてないけど最期の方は男の登場人物が多かった気がする。
845: :2013/12/19(木) 22:31:09.30 ID:
>>774
男が多いだけじゃ腐女子とは言えない
ホモがなけりゃ
735: :2013/12/19(木) 22:19:53.75 ID:
>>713
藤原道長にやられてる これガチ
750: :2013/12/19(木) 22:22:07.04 ID:
>>735
やっぱそうなのか…
720: :2013/12/19(木) 22:18:53.54 ID:
<お暇な方用の雑談>

刀は斬る瞬間に手前に引かないと斬れないのは有名。
叩きつけるとただの鈍器。
「叩く」ではなく「斬る」こつを覚えるのが剣術の初歩。
脇の下の手拭とか。

剣術が下手糞、またはちゃんとした指導を受けなかったものは
斬らずに「叩く」か「刺す」しかない。
それを逆手に取り、敢えて斬らずに撲殺する剣術まで生まれた。
幕末の任侠どもは斬れないから刺すことに特化した練習をした。
刀も反りがなく刺しやすい直刀ばかりだった。

初期の武蔵が撲殺だらけだったのも、正式な師を得ていなかった
からという説あり。
ちなみに坂本龍馬の刀は、断面が丸い鉄の棒で刃などほとんどない。
これは斬るのが下手なため、撲殺することを目的とした拵えとした
という説あり。
808: :2013/12/19(木) 22:27:42.88 ID:
>>720
>刀は斬る瞬間に手前に引かないと斬れないのは有名

引かないよwww 包丁じゃないんだから。
刃筋を立てて、素直に刀を振り下ろせば巻きわらや青竹、畳表などが切れる。
そのために、刀には反りがついている。

また、刀に脂がつくと切れなくなるというのも嘘。
すえもの斬りをしたことがない時代作家が机上でこしらえた話が、まことしやかに
受け継がれ、拡散している。

ネタをネタとして……以下略。
733: :2013/12/19(木) 22:19:36.58 ID:
それより結核が性病だと知ってガッカリだよ
結核で死ぬと綺麗なイメージあったのに
761: :2013/12/19(木) 22:23:08.99 ID:
>>733
梅毒と勘違いしてないか。
結核は普通の空気感染だぞ。
738: :2013/12/19(木) 22:20:35.47 ID:
岡田以蔵は、現代でももっと丁寧に扱って欲しい。
歴史のページを作った人物なのになぁ。
観光案内でも弾かれていて粗末な扱い。
769: :2013/12/19(木) 22:23:49.21 ID:
>>738
可哀そうな人だよね。でも暗殺しまくってたらいいイメージないんじゃね?
784: :2013/12/19(木) 22:25:43.10 ID:
京都で長州の浪人を切りまくった新選組幹部の斉藤一が維新後、薩長政府の時代に警察官になれたのが不思議
809: :2013/12/19(木) 22:27:43.16 ID:
日本の首都が京都から東京に遷都したという正式な宣言は行われていない
だから京都人にとっては現在でも京都が日本の首都
811: :2013/12/19(木) 22:27:45.56 ID:
>>1
豊臣 秀頼は?
原哲夫の漫画だと、美少年なんだよな。
実際は、山のフドウみたいだったんだが・・・
829: :2013/12/19(木) 22:29:40.82 ID:
>>811
影武者家康もイケメンになってたな
原作じゃ不細工描写だったが
833: :2013/12/19(木) 22:29:46.76 ID:
織田信長が率いてた軍隊の中枢に六芒星の白装束集団がいたこと

長篠合戦図屏風



織田信長の祖先が忌部氏だったこと
忌部氏は神道の神官の家系
六芒星でユダヤとか言うなよ
そんなもん紀元前から日本に入ってきてる魔術紋章の一つにすぎない
本能寺の変の原因はこの神道集団を怒らせたことによる
839: :2013/12/19(木) 22:30:34.98 ID:
新撰組が敵より味方が少ない状況で戦ったのって池田屋だけ?

ほとんどは夜陰に集団リンチで滅多切りなんだよな
858: :2013/12/19(木) 22:31:58.94 ID:
いや最近日本で結核感染者が増えているのは風俗で感染しているのが原因ってテレビで言ってたんだ・・・
結核は性病ですからねとハッキリ言ってたよ先生がw

でも空気感染するなら、更に濃密な接触である性行為でより高確率に感染するのは道理なんじゃないの?
908: :2013/12/19(木) 22:38:24.25 ID:
>>858
いやちげぇよ、誰だよそんなデマ言ったヤツwwww
そもそも結核なんて免疫力高けりゃそんなに症状出る病気じゃない。

あと、感染症の基本は「病原体がいるところから」感染だからな。
結核は全身に症状出る病気ではあるが基本的には
肺結核や腸結核が主。
だから咳で菌が排出された際にそれを吸って経気道的に感染する。
性行為での粘膜感染は菌いねぇからしねぇよww
よほど陰部に皮膚結核でもありゃ別だろうけどw
961: :2013/12/19(木) 22:42:55.24 ID:
>>908
そうなんだー
じゃあ結核で死んだ歴史上の人物を風俗遊びが激しい人と思ってたのを詫びないといけないわ
大変申し訳なかった・・・
859: :2013/12/19(木) 22:32:00.38 ID:
昭和天皇は三国同盟に大反対してたが、
松岡洋右が暴走して勝手に三国同盟を結んでしまう。
松岡はその後ソ連に立ち寄り、
スターリンの前で「自分は共産主義者だ」とカミングアウトした。
899: :2013/12/19(木) 22:36:58.66 ID:
ゼロ戦はイギリスの制式採用されなかった局地戦を元に防弾をなくして翼に燃料タンクを付け足すという
自殺行為を追加しただけのもの
909: :2013/12/19(木) 22:38:27.82 ID:
お前ら自分の生まれのルーツを遡って調べたことある?
俺の先祖は佐賀で船大工だったらしい
元スレ:http://www.uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1387453799/


【おススメ記事】

2013/12/20 18:15 | 歴史COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

    コメントの投稿

    名前

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。